CASE 01

株式会社メガチップス +
株式会社豆蔵ホールディングス

日本を代表するLSIメーカーが、成長分野へのさらなる投資を進めるため、“選択と集中” でノンコア事業を売却した。事業譲渡によってもたらされた、組織や事業へのポジティブな変化とは?

CASE 02

株式会社D2C X
(旧株式会社TSUNAGU) 株式会社D2C

インバウンドメディアを運営するスタートアップ企業が、事業をいち早くスケールさせるために事業会社に株式譲渡を決断した。はたして、事業会社と組むことで得たシナジーとは?

CASE 03

株式会社インタラクティブブレインズ +
株式会社クリーク・アンド・リバー社

映像やゲームなど15分野でプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社。同社は2019年9月、グループのクレイテックワークスを譲受会社として、3DCGアバターの制作を行うインタラクティブブレインズの事業を譲り受けた。

CASE 04

株式会社ファンメディア +
Bilibili Inc.

中国の若者に絶大な人気を誇るカルチャーコミュニティ「ビリビリ」をはじめ、動画、ライブ配信やゲームなど、幅広いメディアフォーマットをカバーするBilibili Inc.が、日本のアニメ制作スタジオを擁する株式会社ファンメディアへ投資を行った。海を越えたM&Aが生み出すシナジー効果とは?

PAGE TOP

CONTACT

SCROLL

PAGE TOP

LOADING