IT

【2022年版】おすすめウェアラブルウォッチ10選!格安から高機能まで

日々の生活を助けるツールとして、ウェアラブルウォッチが話題です。今すぐにでも使ってみたいと思う方が多いでしょう。しかし格安から高機能までさまざまな特徴があるため、一点に決めづらいケースも見られます。

今回は理想のウェアラブルウォッチを決めたい方のために、おすすめの10種類を紹介します。記事の前半では選び方や主要メーカー・ブランドも挙げるので、読めばひとつに決めるための基準がわかるでしょう。

1.ウェアラブルウォッチの選び方

ウェアラブルウォッチを選ぶ基準には、対応OS、用途、通信機能などがあります。とくにこだわりたい点をひとつに絞れば、理想を決めやすいでしょう。おすすめのポイントを4つ紹介します。

(1).対応OS

ウェアラブルウォッチの選び方のひとつに対応OSがあります。自身が持っているスマートフォンのOSに合わせると、連携ができて便利です。たとえばAppleのiPhoneを持っていれば、Apple Watchなどと連携できます。

他にもAndroidOS対応のウェアラブルウォッチもあるので、スマートフォンとのセットで使いたい方は要注目です。他のツールとの組み合わせ次第で、ウェアラブルウォッチの利便性を引き出せます。

(2).用途

ウェアラブルウォッチがほしいなら、何のために使うかを意識しましょう。時計機能だけでなく健康チェック、音楽プレーヤー、SNSなどさまざまな機能を備えているからです。自身がとくに重視する機能を1~2つ決めましょう。

以上を意識することで、正しいウェアラブルウォッチを決め、有効活用できます。ほしい機能がなくてはいけませんし、使いたくない機能がありすぎると持て余します。満足できるだけの機能のラインナップに注目しましょう

(3).通話機能

ウェアラブルウォッチに通話機能があれば、日々の生活で便利です。スマートフォンとのペアリングで着信を確認し、ウォッチの方で相手と会話できます。ウォッチ自体に通話機能があれば、スマートフォンを取り出す手間が省けます。

通話機能を備えたウェアラブルウォッチは、スピーカーを搭載しています。スピーカー目当てで商品を選べば、確実に通話可能な商品を選べるのです。普段から外出の多い方なら、有効活用できるでしょう。

(4).Suicaや電子マネーがあると便利

近年はキャッシュレス決済の利用例が多いため、Suicaや電子マネー機能にも注目です。財布からお金を出す手間が省ける点で便利といえます。こちらも買い物をはじめ、外出が多い方に有用でしょう。

たとえばSuica機能があれば、通勤時に役立ちます。改札を通る時はウォッチをかざすだけで通過できるからです。このようにウェアラブルウォッチの機能次第で、普段の通勤が楽になるでしょう。

2.ウェアラブルウォッチの代表メーカー・ブランド

ウェアラブルウォッチで有名なメーカーやブランドを紹介します。代表例がApple Watch、GARMIN、SONYの「wena」なので、最低限以上の3つは注目しましょう。どれも大手として世界的影響力が強く、恵まれた機能を備えているのでおすすめです。

(1).Apple Watch

Apple WatchはiPhoneでおなじみのApple社が出しているブランドです。「Watch OS」としてウェアラブルウォッチとしての機能が備わっています。通知確認、メッセージの操作、通話、Apple Musicなどスマートフォンにもある機能がひととおり使えます。

iPhoneを持っていれば、迷わずこのブランドから選びましょう。予算に応じて最新型か旧型かを決めてください。iPhoneとの連携により、ウェアラブルウォッチとしての機能を便利にできます。

(2).GARMIN

GARMINからもウェアラブルウォッチが多数展開されていますが、もともとはアメリカのGPS機器メーカーとして活躍しています。ウォッチとしては防水機能に優れて水泳時も利用可能な「Swim」、女性向けの「vivomove」、頑丈さがウリの「Instinct」など複数のブランドが展開中です。

ブランドごとに特徴がはっきりしていて、選びやすいといえます。日々の生活に役立てたいと思ったら、GARMINも選択肢でしょう。

(3).wena

wenaはSONYのウェアラブルウォッチブランドです。見た目はアナログ時計のようですが、幅広い機能を備えています。クラシカルな雰囲気とデジタル時代ならではの機能性のギャップが見どころです。

ウォッチとバンドの各部分が別々になっていて、好みに合わせて組み合わせられます。機能もAlexaの音声操作、電子マネーなどスマートフォンにもあるものが目白押しです。幅広い用途に使えるのが強みでしょう。

3.1万円以内の格安のウェアラブルウォッチ5選!

1万円以内の予算で買えるウェアラブルウォッチとして、おすすめを5種類挙げます。コストパフォーマンスの高い商品が目白押しなので、それぞれ注目しましょう。HUAWEIやMiなど人気ブランドの商品も揃えています。

(1).HUAWEI Band 4

HUAWEI Band 4は、健康管理ができるウェアラブルウォッチとして人気です。心拍数のモニタリングができるので、体調管理に役立ちます。夜間は光の量を調整してくれる優しさも特徴です。

充電が簡単で、長時間使えます。ケーブルなしで内蔵USBプラグを使い、バッテリー残量を貯められるのが大きいでしょう。通常で約9日間もつなど、耐久性がウリです。体調管理のために常に持っていたいと思ったら、こちらがおすすめになります。

(2).itDEAL ウェアラブルウォッチ

ソウシア商事株式会社が提供するウェアラブルウォッチです。幅広い機能が印象的で、血圧や心拍数の自動測定、睡眠モニター、カロリー消費などさまざまな情報を確かめられます。普段の生活だけでなく、運動しているときにも利便性を感じられるでしょう。

他にも電話着信だけでなく、SMS、LINE、Skypeなどさまざまな機能からメッセージを着信できます。コミュニケーションツールとしての充実も強みです。ウォッチひとつで健康管理から連絡まで幅広くこなせます。

(3).KYOKA ウェアラブルウォッチ X8

KYOKAのウェアラブルウォッチは、ひとつのスクリーンにさまざまな情報がありますが、見やすく揃っているのが特徴です。1.70インチの大きなスクリーンに必要分の情報がまとまっているので、使いやすいでしょう。

性能に優れているだけでなく、消費電力の低さもポイントです。約2時間のフル充電により、約1週間使い続けられるなど、バッテリーの耐久性も見逃せません。大きなスクリーンとクオリティの高さで人気の商品です。

(4).Mi スマートバンド6

Mi スマートバンド6は、防水とエクササイズモードに注目です。防水評価は5ATMと高く、プールやシャワー、風呂などでも普通に使えます。うっかり水に落として壊したくない方にも役立つでしょう。

エクササイズモードは30種類です。コアトレーニングやズンバ、ボクササイズなどさまざまな運動を楽しめます。毎日楽しく運動したい方におすすめです。

(5).ZealBoom ウェアラブルウォッチ

ZealBoomのウェアラブルウォッチは健康管理に役立ちます。歩数や移動距離などを計測できるほか、陸上競技の練習にはストップウォッチが役立ちます。他にもGPSで運動記録ができるなど、多くの機能がひとつのウォッチにまとまっているのです。

運動モードの幅広さも見逃せません。上下スワイプでランニング、水泳、サッカーなどさまざまなカテゴリーを選べます。防水レベルもIP67とハイレベルなので、水泳中にも使いやすいでしょう。健康志向の高い方には利便性が高いといえます。

4.高機能なウェアラブルウォッチ5選!

1万円超えながら機能性が高いウェアラブルウォッチを5種類紹介します。Appleやwenaなど人気ブランドも揃っているので、ぜひ注目してください。

(1).Apple Watch SE(GPSモデル)

Apple Watch SEは、接続やフィットネス、健康管理など機能がバランスよく揃っています。接続面を重視するならGPS+Cellularモデルがおすすめです。iPhoneなしでストリーミングや通話を楽しめます。

他にもワークアウト計測に加え、体の動きを正確に測るフィットネス、心臓のチェックや緊急SOSなどが出せる健康管理機能も見逃せません。Appleらしくハイレベルな機能が揃っています。

(2).HUAWEI WATCH GT2

GT2はバッテリー性能に優れています。自社開発のチップである「Kirin A1」やデュアルチップ設計のおかげで耐久性が高いからです。フル充電なら最長で2週間連続で使えます。バッテリー切れのリスクを抑えられるのが大きいでしょう。

機能性に優れていながら、使いやすいデザインも印象に残ります。ミニマルでなじみやすい見た目で楽しくなるでしょう。高品質の3Dガラスフェイスが近代的なイメージを受けます。見た目と中身が充実したウェアラブルウォッチです。

(3).GARMIN アウトドアウォッチ Instinct

InstinctはGARMINが提供する頑丈なウォッチです。アメリカ国防総省によるMIL規格に準拠しており、防水、耐熱衝撃、耐衝撃性能がすべて基準を上回っています。おかげでディスプレイが割れず、うっかりぶつけたり落としたりしても安心です。

幅広い機能も申し分ありません。マルチネットワークの衛星受信によるGPS機能により、道に迷っても居場所を確かめ安いといえます。さらに心拍計が常時動いているので、体調の変化にも気づきやすいでしょう。頑丈さだけでなく機能性も備わっているのが頼もしいといえます。

(4).SONY wena3

wenaはSONYが誇るウェアラブルウォッチブランドです。腕時計のバックル部分でメールを見られるように、ウォッチらしい多機能性を打ち出しています。天気予報やスケジュールのチェックもできるなど、バラエティに富んだ機能に注目しましょう。

電子マネーはSuica、楽天Edy、QUIC Payなど幅広く対応しています。普段からキャッシュレス決済を使っている方にも選びやすいでしょう。SONYらしいユーザー想いの仕組みが見逃せません。

(5).Apple Watch シリーズ5

Apple Watchが展開する高機能モデルです。64ビットデュアルコアプロセッサのおかげで、従来品よりもアクセススピードが速いといえます。耐水性能もあって、さまざまな場面で使いやすいでしょう。

光学式心拍センサーも第2世代を使っているので、スムーズな健康管理を期待できます。幅広い層におすすめのウェアラブルウォッチです。

5.まとめ

ウェアラブルウォッチは現代の生活に役立つ幅広い機能をもっています。メーカーやブランドによって特徴は異なりますが、健康管理はキャッシュレス決済などバラエティに富んだ使い方ができるのがうれしいでしょう。

対応OSや使い方、ブランドなどこだわりのポイントをひとつ決めれば、理想のウォッチがわかります。そこから安さや他の機能も加味して、理想のモデルを決めましょう。

PLEASE SHARE

PAGE TOP

MENU

SCROLL

PAGE TOP

LOADING    0%

Please turn your device.
M&A Service CONTACT