IT

印紙税とは何か? 契約書のデジタル・DX化でどう変わる?

「印紙税って何?」と疑問に思っていませんか。これは契約書のようなお金が絡む書類を用意するときにかかる税金なので、ビジネスマンなら知っておきたいワードです。

近年はデジタルの契約書を使う人が多くなっています。それまで契約書を扱ってきた人によっては「DX・デジタル化でどう変わるんだろう?」と気になるでしょう。

今回は印紙税の意味を解説しながら、契約書のDX・デジタル化による影響も含め現状を示します。この記事を読めば、現代社会における印紙税のあり方がわかるでしょう。

1. 印紙税とは何か?

印紙税の基本的な意味を理解しましょう。契約書を用意するときにかかるコストだからです。国が法律によって契約書の効力を保証していることが、税金の背景にあります。払わないときの代償にも注意しましょう。

(1) 契約書や領収書に課される税金

印紙税とは契約書や領収書といった、お金の支払いを証明する紙を用意するのにかかる税金です。不動産や有価証券といった重要な資産や、請負や約束手形のようなビジネス関係の契約など、重要な取引で契約書が発行されます。その書類自体にもコストがかかるしくみです。

基本的には記載された手形金額が10万円に満たないなら、印紙税も不要です。しかし10万円以上だと本来の契約金額に加えて、別途で印紙税を払わなければなりません。

重要な契約のやり取りには、印紙税が絡むことが多いといえます。取引やビジネスなどで大切な契約を結ぶときは、忘れないように注意です。

(2) 印紙税が存在する背景は国にある

契約書に印紙税がつく背景は、国が関係しています。国が法律で契約書の効力を保証しているからです。

民法において契約書自体は、一部を除いて成立要件や作成義務をもちません。しかしトラブルを未然に防いだり、万が一裁判になったときに契約書の内容が重要とされます。

同意済みのルールに基づいて当事者同士が契約を結んだ証拠になれば、言いがかりによるトラブルは防げます。裁判になっても契約書の内容が重要視されるのは、ルール違反を犯している人や、書類内容の正しい解釈がわかり、決着につながるからです。

国はさまざまな法律によって、契約書による経済的利益や、法的にスムーズな解釈が進むようにしています。契約書の効力を国が支えているため、国民は印紙税を納めようという考えでしょう。

(3) 印紙税を払わないと余分な負担がかかる

印紙税を払わないと、余分なコストを背負います。契約書には印紙税を払う証明として、収入印紙を貼ります。しかしこれがないと印紙税の支払いを証明できません。そのときは罰金として、本来の印紙税の3倍を払うことになります。

税務署からの指摘を受ける前に貼り忘れを正直に申告すると、罰金も1.1倍にとどまるしくみです。

印紙税を貼らなかったことによる罰金は、経費にも計上できないため、納税時も不利です。契約書を発行するときは、収入印紙を忘れないように気をつけてください。

2. 最近は契約書のデジタル化が話題になっている

最近はデジタル文化の浸透により、契約書もその影響を受けるようになりました。紙ではなく機械完結による契約を進めるビジネスマンや事業者が多くなっています。ここでのデジタル化の意味や、DX化にまでつなげるカギをまとめました。

(1) 契約書を紙ではなく、機械で作り出す

契約書のデジタル化とは、紙ではなく機械で作り出すことです。従来の契約書は専用の紙にペンで署名し、印鑑を押すのが主流でした。しかしデジタルでは、そうした作業もシンプルになります。

デジタルの契約書では、パソコンのPDFファイルやExcelのデータ、スマホの専用アプリなどで契約の証明を作ります。ここにキー入力やタッチペンなどで署名するほか、印鑑もデジタルデータでできたものです。

このように紙とペンなどを使ったアナログな作業から進化するのが、デジタル化の性質です。契約書でも作成や作業プロセスがシンプルなので、便利と感じる人も多いでしょう。

(2) DX化とはデジタルを使ったビジネスの再構築で、人の役に立つこと

DX化はデジタル化とは意味が違います。デジタル化は単純にひとつの作業を電子技術や機械でこなすことです。

しかしDX化ではデジタル化を通してビジネスの流れや、利用者のライフスタイルを変えることまでを意味します。単純にPCやスマートフォン、タブレットを使うだけでなく、それらが働く人やお客さんの役に立つことが必要です。

契約書のデジタル化によって、仕事の流れがうまく変わるか、お客さんがメリットを実感できるかなど事前チェックが重要です。現代社会はさまざま場面がデジタル化していますが、ただ機械を使うだけでは、多くに満足してもらうどころかかえって不便を招くかもしれません。

3. 契約書をデジタル・DX化するメリット

契約書のデジタル・DX化によって、業務の効率化というメリットがあります。他にも荷物がかさばらなかったり、コンプライアンスが強化されたりなどで、多くの人に役立つでしょう。3つのメリットの詳細をまとめました。

(1) 業務の効率化

契約書のDX化は、業務の流れが効率的に変わるという意味です。従来の紙の契約書は、書き間違いがあると新しい紙でやり直す必要があったり、印鑑を忘れたりして契約が先延ばしになったりするケースがありました。

サラリーマンのなかには、大事な契約書に印鑑を押すためだけに会社に向かう「はんこ出社」が問題になっています。

こうした悩みを解決するためにも契約書のDX化は重要です。電子契約書なら紙の作成や署名、押印などの作業をひとまとめにできます。契約書に取られる時間を減らせれば、他の仕事にも集中できるでしょう。

(2) 紙による荷物がかさばらない

契約書をデジタルに変えれば、荷物がかさばらないというメリットがあります。紙だと汚したり破れたり、失くしてしまったりというリスクがあり、慎重な管理を求められました。しかしPCやタブレットなどに電子契約書を納めれば、タイトル検索で見つけられます。

紙がかさばるリスクをなくせることは、シンプルな管理を望めるだけでなく、オフィスや自宅にある机や引き出しをきれいにできるのです。きれいな場所で過ごす時間が増えれば、精神的にも落ち着きやすいでしょう。

デジタルの契約書で荷物を減らすことは、場所を汚しにくい効果にも期待です。

(3) コンプライアンスの強化

デジタルの契約書はコンプライアンス強化にもつながります。誰もが簡単にアクセスできるインターネットを使えば、ルール違反が横行するのではと不安な人もいるでしょう。しかし実際は、契約が決まるまでのプロセスがデジタル化によってはっきりと出ます。

以上から契約・解約忘れを防げるし、 契約書の内容更新も簡単です。閲覧権限の制限や二段階認証などのセキュリティ設定により、契約書の内容改ざんも阻止できるでしょう。バックアップを取ることで紛失も防げます。

このように契約書のデジタル化は、管理体制の強化にもつながるのです。

4. 契約書のDX化により印紙税はどう変わるか?

契約書のDX化による印紙税の影響をまとめました。電子契約でかからなくなります。コスト削減は多くの人にとって喜ばしい要素です。印紙税のあり方が変わる可能性について考えましょう。

(1) 電子契約なら印紙税はかからない

電子契約では印紙税はかかりません。税金の対象になるものが法律で限られており、紙ではない電子契約書は対象外だからです。

たとえば国税庁によると、請負契約書に関係した注文請書を電子メールで送ったら、文書を作ったことにはならないため印紙税を要しません。

デジタルの契約書は「紙の文書」ではなく「電子データ」と解釈されます。こうした類の書類で済ませれば、印紙税の節約につながるのです。

(2) 印紙税カットで多くの人が喜ぶ

印紙税をカットできることは、多くの人を喜ばせるでしょう。作業が効率的になるし、お金の負担も従来より軽くなるからです。

物理面では、デジタル化によって作業をシンプルにできます。電子契約書のサンプル書式をPDFとして無料ダウンロードできるサイトもあり、準備段階からスムーズに作業を進められるでしょう。

コスト面でいうと印紙税カットが大きいといえます。とくに多くの契約を抱える事業者にとっては、限られた期間だけでたくさんの契約書を作らなければならず、そのたびに印紙税もかかります。デジタル化はそうした経費の削減につながるでしょう。

DX化は印紙税削減につながり、多くの人の働き方や生き方を良い意味で変える可能性があります。

5. 契約書のDX化にはデメリットもある

契約書のDX化には、注意すべきデメリットもあります。取引の相手によっては電子契約を認められません。電子データとしての管理は、サイバー攻撃へのリスクにも対応しなければなりません。この章では3つのデメリットをまとめました。

(1) 電子契約ができないケースに注意

どうしても電子契約ができないケースがあり、このときは書面で対応しなければなりません。投資信託契約の約款や労働条件の通知、不動産の定期借地契約などが当てはまります。

法的に書面での契約が義務になっているものは、デジタル型の書類を使うと違反です。無用なトラブルを避ける意味でも、書面が必要なときは素直に応じましょう。

起業者としてデジタル契約の導入を考えていれば、可能な場面を見極める必要があります。

(2) ビジネス界では紙文化が根強く、デジタルが理解されないことも

現代のビジネス界では、いまだに紙文化が根強いようです。そのため仕事現場によっては、デジタルやDX化に対する理解が進まないおそれもあります。

たとえば自社がデジタルでの契約を主に扱っていても、取引先が紙なら相手の都合での対応を要する可能性もあります。デジタル化に対して、社内の作業の流れが変わることを不安視する人もいます。そうした反対の声で、やりたいことを始められないケースにも注意です。

契約書に限らず、デジタル設備の導入にはさまざまな人の理解を得なければなりません。時間を要するかもしれませんが、根気よく説明を重ねて納得してもらうことが大切です。

(3) サイバー攻撃による契約書の改ざんに注意

電子データとして契約書を管理することは、サイバー攻撃によるリスクがあります。ハッキングによって契約書の内容を変えられたり、データが丸ごと流出したりすることに注意です。

以上のトラブルが起きると、社内だけでなく、これまで契約を結んでいた相手に多大な損害を与えます。事態を防ぐためにも厳重なセキュリティの設定のもとでデジタル契約書を扱うべきです。

会社から電子データが漏れたトラブルは、今もさまざまな場所で起きているので、セキュリティによる対策がカギになります。

6. まとめ

印紙税とは、契約書のような金額の支払いを証明する書類の準備にかかる税金です。しかしDX化によって、印紙税を払わなくて済みます。デジタルで作った契約書のような電子データは、印紙税の対象外だからです。

これによりコスト削減や作業の効率化などで、多くの人を喜ばせる可能性があります。一方で既存の体制からデジタル中心に変わることを嫌う人もいるので、丁寧な説得がDX化の課題です。サイバー犯罪に巻き込まれるリスクもあるので、厳重なセキュリティのもとでデータを管理しましょう。

仕事での人間関係やサイバー犯罪などの注意すべきことはありますが、契約書のDX化は新しい働き方につながる大切な要素です。

PLEASE SHARE

PAGE TOP

MENU

SCROLL

PAGE TOP

LOADING    0%

Please turn your device.
M&A Service CONTACT