IT

ペットテックとは何か? 飼い犬や猫の世話から健康管理まで役立つ商品7種類

「ペットが暮らしやすくなる機械がほしい」「今はどんなものがおすすめ?」などと気になっていませんか。犬や猫などの動物を飼う方々のなかには、効率良く面倒を見られるように、テクノロジーを求める人がいるでしょう。

上記のニーズに応えるべく、近年は「ペットテック」というカテゴリーが認知されています。デジタル機器の力で面倒が見やすくなったり、動物が安心して暮らせたりするのです。

今回は最新のペットテック事情を踏まえ、おすすめの商品を紹介します。今後の技術発展にも触れるので、この記事を参考にペットと暮らしやすくなる方法がわかるでしょう。

1. ペットテックとは?

ペットテックとは、ペットの世話と関連が深いIT技術です。近年におけるデジタル技術の発展により、動物の世話に関係したグッズのIT化も進んでいます。

ペットの世話をする人は世界中に多いため、関連するデジタル機器の需要も期待を受けています。実際に日本のみならず世界的にも市場規模の拡大が見られるようです。

言葉を話さない動物の世話に苦労する人もいるでしょう。しかしペットテックを使えば、悩みを解決できる可能性も生まれます。今回の記事でぜひ注目してみませんか。

2. 現在のペットテック市場の状況は?

近年ペットテック市場は急速に広がっています。この勢いは今後さらに加速していくという見方もあるようです。背景にはAIの精度上昇が挙がります。犬や猫の世話に疲れることに対する、課題解決も重要な状況です。世間でペットテックがどこまで必要かを見ましょう。

(1) 国内でも世界でも市場拡大中

ペットテック市場は、国内外問わず市場拡大が進んでいます。関連商品のバリエーションが広がり、多くの人が満足できるものも出回っているからでしょう。

代表例には、AI搭載のスマートカメラがあります。飼い主が仕事や買い物で外に出ている間、ペットの様子をチェックできるのがメリットです。他にも排泄物の悩みに寄り添うスマートトイレ、行方不明に備えられるGPS付き首輪なども支持を受けています。

動物が好きな人たちの間で、ペットテックの需要が年々高まっています。これに合わせるように、常識を覆すIT技術の開発も進んでいるのが現状です。

(2) AIの精度上昇が背景

ペットテック市場拡大の背景には、AIの精度向上があります。動物の世話が効率的になるので、買いたいという人も増えるのも納得できるでしょう。

AIを使ったお世話グッズの代表例が「Felik」のようなシッター型ロボットです。
Felikはレーザーポインターを放つおもちゃで、動物の動きに合わせながら、常に適切な照射ポイントをとらえます。犬や猫はポインターの位置へ動くことを繰り返すので、気晴らしの運動になるでしょう。

ペットカメラ「Furbo」もAIを使っています。これがあれば、飼い主も外出先からコミュニケーションを取れます。動物の寂しさを紛らわせたい人におすすめです。

このようにAIの活用は、ペット市場でも本格化しています。

(3) ペットの世話への疲れをITが解決する?

ペットテックが広まれば、飼い主の疲れにも対処できるでしょう。動物の世話に時間を取られて、かえってストレスを感じる人が多いといえます。しかしIT技術で、そうした悩みを解決できる可能性があるのです。

癖のある犬をしつける技術の例が「Companion Pro」です。AI搭載のドッグトレーニングマシンで、犬のしつけを助けてもらえます。ペットが体調が優れないときは、専用のオンライン診療を使いましょう。病院への移動時間を削れて、生活の余裕を守れます。

機械の助けを受ければ、ペットの世話によるストレスもコントロールできるでしょう。

3. おすすめのペットテック商品

ペットテック商品はバラエティに富んでいます。今回はとくに役立つものとして7種類をまとめました。犬や猫を飼っている人は、ぜひ参考にしてください。

(1) 見守りカメラ

見守りカメラは、留守中の愛犬の様子を見るための製品です。たとえばTomofunが開発する「Furbo」は、動画で犬を撮影したり、スマートフォンを通してチェックしたりできます。留守中の動物の様子が気になる人にはおすすめでしょう。

スマートフォン越しのコミュニケーションで、犬に声をかけられるのもポイントです。お出かけ中のすきま時間に様子をチェックできれば、ペットの様子の変化にも気づきやすいでしょう。

ペットの留守中も安心したいと思ったら、見守りカメラを導入してはいかがでしょうか。

(2) 自動給餌器・給水器

自動給餌器や給水器もペットテックの代表例です。事前に餌または水をストックしておけば、自動的に供給されます。

機械による供給で、ペットは餌を食べたり、水を飲んだりできます。飼い主からもらうのを待たなくてもよいので、留守中も安心です。

餌と水を両方ストックできる機械もあります。Dopetのように音声録音機能があり、ペットにごはんを知らせる声を届けられるシステムにも注目です。ペットにとって大切なごはんの時間を効率化するうえで重要なアイテムでしょう。

(3) ペットの気持ちを読み取れる機械

ペットとのコミュニケーションが難しいと感じたら、気持ちを読み取れる機械を使ってみませんか。AIの能力で、犬の発するメッセージを感知できるシステムがあります。

たとえば「イヌパシー」なら、心拍情報から犬の状態がわかります。5つの色で犬が何を考えているかを伝えられるので、求めたとおりの行動を取りやすいでしょう。

犬は言葉を発しません。何を訴えているかわからず、正しいコミュニケーションに時間がかかる人もいるでしょう。しかしイヌパシーのような気持ちを読み取れるシステムがあれば、スムーズに心を通わせられます。

(4) スマートトイ

ペットの運動不足やストレスを解消したいと思ったら、スマートトイがおすすめです。AI機能を搭載した方おもちゃで、適度に遊ばせてあげられます。

たとえば「GOMI」は、スマートフォンと連動するおもちゃです。見た目はボールとあまり変わりません。しかしスマートフォンによるコントロールで複雑な動きもできます。犬はついていこうと必死になり、運動量を稼ぐでしょう。

ペットとの新しい楽しみを見つけたいなら、スマートトイが役に立ちます。とくにGOMIのように手軽にコントロールできるシステムは飼い主にとっても有用です。

(5) 行方がわかる首輪

迷子防止にはGPS機能を備えた首輪が役に立ちます。犬や猫の首に装着すれば、居場所の情報を発信してくれるからです。GPSのおかげで、スマートフォンに行方が届きます。

これはペットとお出かけ中にはぐれたり、家から飛び出してしまったりしたときの対策になります。飼い犬や猫が行方不明になる例は後を絶ちません。しかしGPS機能のおかげで居場所がわかり、見つけやすくなるでしょう。

ペットが迷子になっても、現在地がわかれば心配を減らせます。その周辺にいる人の協力も得ながら捕まえられるでしょう。

(6) ペットのオンライン診療

近年はペットのオンライン診療も話題です。日本でも動物病院がリモートで診察する例が見られます。

たとえば「トレッタねこ病院」は、2020年2月22日に開いたサブスクリプション型の診療所です。飼い猫の自宅へ訪問し、健康診断を進めます。さらにAI活用の「オンラインみまもりサービス」で、猫の状態をチェックしてくれるのもうれしいでしょう。

従来の動物医療では、対面が義務になっていました。しかし近年は規制緩和により、会員制ながらリモートで動物の診療や状態確認ができるサービスも出ています。

4. 今後のペットテックで期待の技術は?

ペットテック市場の拡大を受けて、さらなる新商品の開発を望む人もいるでしょう。将来的には動物のヘルスケアの充実に期待がかかります。ペットの気持ちを読み取るシステムの発展も、世界的に注目を受ける状況です。

他にもドローンやスマートシステムを使い、ペットの飼い主の悩みを解決できる可能性があります。今後の技術発展に期待がかかる分野を見ていきましょう。

(1) ペットのヘルスケアに注目

今後はペットのヘルスケアの分野が充実しそうです。犬や猫の平均寿命は15年前後とされており、少しでも長生きしてほしいと望む人は多いでしょう。

そこで注目を受けるのが体調管理アプリや、オンライン診療サービスです。たとえばスマートトイレ「トレッタ」は、猫の尿の具合や体重などから、データに基づいて健康状態を示してくれます。言葉を発さない動物の異変に気づきやすいという点で重要です。

ビデオ会議システムである「ZOOM」を使い、ペットのオンライン診療を始める病院も見られます。健康チェックや診断をIT技術で効率良くできるのは、社会的なメリットでしょう。

(2) 感情読み取りシステムの発展に期待

動物の気持ちを読み取るシステムの発展も話題です。日本では犬の心拍情報から飼い主に感情を伝えられる装置「イヌパシー」が知られています。装置にはLEDライトがあり、5つの色で飼い主に犬の感情を伝えられるのです。

イヌパシーの開発会社であるラングレスは、2016年の販売開始後も改良を重ねています。このように心拍を読み取るシステムの開発が進めば、犬や猫の他にもさまざまな動物の気持ちを読み取れるかもしれません。感情の情報もさらにパターンを増やすでしょう。

イヌパシーに続くコミュニケーションシステムの誕生に期待しましょう。

(3) 排泄物を処理できるドローンが開発中

オランダでは排泄物を処理するためのドローンが開発中です。犬関連グッズを開発するTinkiが、オランダのドローンテストセンターであるSpace53と共同でプロジェクトを始めました。

開発するドローンは2種類です。1つ目の「Watchdog1」は飛行型で、フンの温度を検知し、ヒートマップを作ります。犬のフンは温度が高い傾向であるため、この技術を実現できるのです。

もう1種類は「Patroldog1」です。地上用のドローンで、フンが落ちている場所をデータ検知で察知します。対象の場所に向かい、実際にフンを片づけてくれるのです。

各ドローンはまだ開発中ですが、いずれオランダ発祥の新技術として、世界に流通する可能性があります。排泄物を片づけるのが面倒と感じる人にとっては助かるでしょう。

5. まとめ

近年、さまざまな分野でIT化が進んでいますが、ペット市場も例外ではありません。「ペットテック」としてさまざまな商品が開発されているからです。犬の気持ちを読み取ったり、留守中の世話を効率的にできたりするシステムが注目を受けています。

今回の記事をきっかけにペットテックの基礎知識がわかれば、早速商品を使ってみたいと思う人もいるでしょう。犬や猫などを飼っている人は、ペットテックで生活を見直せます。

PLEASE SHARE

PAGE TOP

MENU

SCROLL

PAGE TOP

LOADING    0%

Please turn your device.
M&A Service CONTACT