IT

【注目!】世界中で話題の顔認証システム!~メリットや最新実例4つを紹介

近年AIやIT技術などの進歩の結果、セキュリティの一環として顔認証システムが進化しています。手間をかけずにセキュリティチェックをしたり、導入しやすかったりするメリットが特徴です。
日本国内でも導入例が増えており、社会に定着しています。

顔認証システムでスムーズにチェックをクリアし、安心したいという方は、さまざまな業界にいるでしょう。そうした方のために最新の顔認証システム事情をまとめました。
記事の後半では4つの実例を紹介するので、こちらを読めばシステムの現状を把握でき、導入時の参考にできます。

1.顔認証システムとは?

まずは顔認証システムの基本的な定義を見ていきましょう。人の顔に本人認証ができることから、利便性が話題です。顔認証の仕組みとともに解説します。

(1).人の顔による本人認証

顔認証システムとは、人の顔を使った認証です。生体認証の形式のひとつで、企業や金融機関を中心に、強力なセキュリティが求められる場所で活躍しています。
顔認証のおかげで、なりすましや犯罪目的で来場した方の立ち入りを防げるのです。

検知した顔の特徴を、本来の登録データと照らし合わせることで本人認証します。より確実なデータでの認証だけでなく、チェックを受ける側がスムーズにクリアできるのもポイントです。
たとえば両手が荷物でふさがっている場合でも、楽にチェックをこなせるでしょう。

安全性と利便性の両立から、世界中のさまざまな場所で顔認証システムが使われています。

(2).顔認証はどうやってできる?

顔認証のやり方は、目、鼻、口などの特徴を正確にとらえます。新型コロナウイルス感染拡大時はマスクをした顔でもスムーズに認証したり、体温を測る機能を伴うなど、機能の発展も特徴です。

一般的な使い方は店舗の入口や特定のチェックポイントなどにカメラを置き、顔情報を読み取ります。このときディープラーニングを受けたAIがカメラ前とデータベースの顔の合致に反応します。このように顔認証はシンプルな手順でこなせるのです。

(3).顔認証のやり方は2つ

顔認証には2通りのやり方があります。エッジ型とサーバー型です。
エッジ型は顔認証システムとカメラがセットになっています。一式丸ごとの導入により、ネットワーク環境を問わず、検知もスピーディにこなせるでしょう。

サーバー型は防犯カメラなどから映像データを送り、顔データベースとの合致を確認します。100万人規模での認証もできるなど、ハイレベルなセキュリティがポイントです。
不審者情報を素早く察知するうえで役に立つでしょう。

2.顔認証システムのメリット

顔認証システムにはさまざまなメリットがあります。なりすましやパスワードの省略、非接触などさまざまな面で利便性を感じられるでしょう。顔認証が社会に与える影響を考察します。

(1).なりすまし被害を防ぐ

顔認証によって他人のなりすましを防げます。たとえばICカードやIDだけでのパスだと、誰かが他人のものを悪用していることに気づけません。しかし顔認証を加えることで、カードと持ち主の不一致を見破れます。

このように顔認証のおかげで、他人になりすまして犯罪をしようとする方をすぐに見分けられるのです。犯罪件数の減数や、金銭やテロの被害などから国民を守れます。
なりすまし対策の強化が、社会の治安につながるのです。

(2).パスワードを覚えなくてよい

パスワードを覚えなくても認証してもらえるので、情報をわざわざ記憶する必要がありません。今まではIDやパスワードを忘れたことで、ログインができなかったり、サービスを受けられなかったりする事があったでしょう。しかし顔認証の導入で複雑な情報なしでもアクセスできます。

前述のなりすまし機能もあるので、シンプルな手順になりながら、高いセキュリティで通りたい方を通せます。顔認証システムは唯一無二であるその方の顔がパスワードになるのです。
情報紛失などからくる困りごとを減らせるでしょう。

(3).非接触なのでスムーズかつ衛生的

顔認証はスムーズかつ衛生的なので、お客さまの負担も減らせます。識別から判定までが早く、何にも触れないでチェックできることから、衛生的です。
とくに大規模イベントではお客さまの衛生を守りながら、短時間で大勢を通すために有用でしょう。

しかし施設によっては多くの方の顔データを使うため、プライバシーへの配慮も大切です。管理体制が重要ですが、それでも店舗やイベントの運営をスムーズに進めるうえで、顔認証が大きな効果をもたらすでしょう。

(4).高いセキュリティレベル

セキュリティレベルの高さも顔認証システムのメリットです。暗証番号のように簡単に盗まれないのがポイントです。人の顔というもとからあるものを使えば、情報漏えいのリスクを抑えられるでしょう。
ただし顔データの外部流出によるプライバシー侵害は想定されるので、厳重な管理が大切です。

虹彩認証や静脈認証も、人間にもとから備わっている体の一部分を使います。顔認証もそれらに負けないくらい、安全性が高いのがポイントです。

(5).導入しやすい

顔認証システムは企業にとって導入しやすいと言えます。静脈認証や虹彩認証のような専門機器がいりません。データ保存用のクラウドやサーバー、IPカメラ、Webカメラだけあれば整えられます。

準備に時間がかからなければ、コストカットにも役立ちます。企業が導入を思い立ったときにすぐ行動できるのが大きいでしょう。こうした面も社会的にセキュリティが発達している要因です。

3.顔認証は社会にどう役立っている?

顔認証が社会において使われているパターンを解説します。主に入退室管理や無人受付、決済などで役に立っているようです。顔認証の主要な使い方を5つ見ていきましょう。

(1).入退室管理

オフィスや作業場などの入退室管理に、顔認証システムが役立っています。既存システムに社員証一体型のICカードがありますが、顔認証に代えることでより正確な本人確認が可能です。

また社員証は紛失のリスクがあり、再発行も面倒でしょう。それと比べれば顔認証は道具いらずなので、事務所にの負担も減らせます。入退室管理の簡易化によって、業務の効率化を望めるでしょう。

(2).施設における受付無人化

施設でも顔認証システムを使い、無人受付を取り入れるケースがあります。深夜や早朝に訪問や退出をする人をチェックする必要がなく、従業員に余計な負担をかけさせません。
顔認証の導入は、お客さまの安全を守りながらも、従業員の働き方改革にもつながるのです。

とくにフィットネスクラブのような会員制であれば、会員証なしでも顔パスでの入場ができます。紛失が起きたときの再発行の手間もかかりません。この面からも顔パスを本格的にできる機械は重要です。

(3).顔認証決済

顔認証システムを決済に使う例も増えてきました。コンビニや書店などで、レジ打ちを省けるメリットがあります。お客さまはキャッシュレス決済に対応できますし、店舗側にとっては人件費や設備費の節約になります。

また顔認証決済や顧客データ把握にも役立つでしょう。年齢層や商品の傾向などから、次期の経営戦略を調整できるからです。このように店舗運営の幅広い部分で顔認証決済を生かせるでしょう。

(4).医療・介護機関でも見守り

医療や介護期間における見守りにも顔認証システムが役立ちます。こうした場所では入居者がこっそり外出して事故にいたるリスクが想定されるのです。
監視カメラと連携した顔認証システムを使えば、無断外出によるトラブルを防げるでしょう。

医療や介護施設では、外部からの侵入者に備えることも重要です。これも監視カメラ連携の顔認証システムが役立ちます。このひとつで、医療や介護機関の安全を守れるのです。

4.顔認証システムの実例4つ

顔認証システムを実際に採用した企業やイベントを4種類紹介します。これから導入を考えている事業者はぜひとも参考にしてください。

(1).ファーストキッチン

ファーストキッチンは国内有数のファーストフード店です。2021年12月に赤坂見附店や渋谷センター街店などで、日本コンピュータビジョン製の顔認証決済を展開しました。

電子マネーやクレジットカードなど、現金なしでの決済に対応しています。顔認証ならメニューを受け取ったお客さまがお金を取り出す手間を省けるので、レジ対応がスムーズに進むでしょう。
大手ファーストフード店としてのチャレンジに期待がかかります。

(2).スマートニュース

スマートニュースはスマートフォン用のニュースアプリを配信しています。オフィス内にセキュア製の顔認証システムを取り入れました。

オフィス内での導入は、ICカードによる入退室管理よりも、本人確認を短時間で済ませられるメリットがあります。カードという余分な道具を省けるので、業務体制がスッキリするでしょう。
スマートニュースはオンラインに特化したサービスなので、それに相応しいオフィス環境に進化したといえます。

(3).セブンイレブン

セブンイレブンはNECとの提携により、2020年3月に顔認証決済の導入が明らかになっています。

顔認証決済はセルフレジのインフラ確立を目的にしています。お客さまの顔画像やカード情報、確認コードを登録する形です。これにより顔と確認コードの二段階認証で本人確認をクリアできます。

ここで使われているNECの顔認証には、世界トップクラスのAIエンジン「NeoFace」を使っており、信頼性が高いのが特徴です。今後コンビニ業界でも顔認証決済が浸透するでしょう。

(4).多くのアーティストのライブ

店舗や施設だけでなく、多くのアーティストのライブでも顔認証が使われるようになりました。たとえば嵐、宇多田ヒカル、Mr.Childrenなどが、ライブ会場に入場するお客さまに対して顔認証システムを取り入れています。

音楽業界ではチケットの不正転売が問題になっており、チケットの正規購入者とその顔データを合致させる動きが高まっています。以上からお客さまが公平な条件でライブを観覧できるように、顔認証システムが役立っているようです。

5.まとめ

社会的に顔認証システムが浸透しています。手軽に本人確認ができるほか、高度な技術により決済や監視カメラとの連携にも役立っているのです。顔認証は社会のさまざまな問題を解決する可能性を秘めています。

顔認証システムは設置の手間を省き、働く人や顧客の負担を軽くできるのがメリットです。これから導入を考えている方も先行事例を参考にしながら、顔認証システムの使い方を考えてみましょう。

PLEASE SHARE

PAGE TOP

MENU

SCROLL

PAGE TOP

LOADING    0%

Please turn your device.
M&A Service CONTACT