IT

【徹底比較】中小企業向けクラウド給与計算ソフト6選~年末調整もペーパーレスに

「クラウド給与計算ソフトって何?」「おすすめの種類を知りたい」などと考えていませんか。中小企業にとっては給与計算や年末調整などの手続きが大変でしょう。
しかしクラウド給与計算ソフトがあれば、ペーパーレスで手続きの準備ができて便利です。

今回は年末調整のような手続きを楽に進めたい中小企業のために、おすすめのクラウド給与計算ソフトを6種類紹介します。記事を読めば便利なクラウドソフトを見つけるヒントを学べるでしょう。

1.クラウド給与計算ソフトのメリット4つ

クラウド給与計算ソフトにはさまざまなメリットがあります。

効率的にミスなく給与計算ができるのが大きいでしょう。他にも複数のユーザーで使えたり、法改正にも難なく対応したりできます。セキュリティレベルが高い製品も多いのが特徴です。

この章では4つのメリットを見ていきましょう。

(1).効率的な給与計算ができる

クラウドソフトの導入で給与計算を楽にできます。パソコンやスマートフォンなどから直感的に操作できるからです。状況に応じて自動入力も可能なので、作業ミスのリスクも減らせます。

「仕事に集中したいのに、給与や年末調整の作業に時間をたくさん取られる」と悩む人もいるでしょう。クラウド給与計算ソフトによって、お金や勤怠などのデータをまとめたり、手続きの準備をしたりする時間を節約できます。

(2).複数のユーザーで使える

クラウド給与計算ソフトは、複数のユーザーで使えるのもポイントです。
ログイン情報さえ知っていれば、誰でもアクセスできる点が助かります。パソコンやスマートフォンを問わず、同じデータにたどり着けるのもポイントでしょう。

直感的な操作がクラウドソフトの特徴なので、経理初心者でも扱いやすいといえます。
そのため他のスタッフに仕事を教えるだけでなく、データ共有も楽です。複数のユーザーで使えることにより、さまざまな用途を望めます。

(3).法改正にも対応

クラウド給与計算ソフトは、法改正にもスムーズに対応できます。日本ではことあるごとに法改正が進められており、労働分野も例外ではありません。

しかし人気クラウドソフトの多くは、法改正に合わせてバージョンアップ版を提供します。旧バージョンでは新しい法律のせいで対応しきれない部分があるでしょう。
しかしバージョンアップしたソフトを手に入れられれば、法改正による作業効率の低下を防げます。

(4).セキュリティがしっかりしている

クラウド給与計算ソフトは、セキュリティレベルも高いといえます。誰でもどこからでもアクセスできることで、ハッキングを警戒する人もいるでしょう。
しかしクラウドソフトを作る側は、そうしたトラブルも想定し、厳重なセキュリティに守られたデータセンターを使って運営しています。

たとえばクラウド上のサーバーにデータを保管するスペースを設けることで、使用中のデータが消えたときのバックアップに役立つでしょう。ソフトによっては自動バックアップ機能も備えているのです。

このようにクラウドソフト利用中の被害も想定し、提供会社は厳重な対策をしています。

2.おすすめクラウド給与計算ソフト6選

クラウド給与計算ソフトのおすすめを6種類紹介します。いずれも導入実績が豊富で、信頼性が高いのが特徴です。
これから導入を考えている場合は、それぞれの性質を比べながら、理想の種類を決めましょう。

(1).給与奉行クラウド

給与奉行クラウドは、社員に払う給料の計算をペーパーレスで出せるシステムです。社内に紙の書類が多くて悩んでいるなら、こちらを使ってみましょう。

ア.給与業務のほとんどをデジタル化

給与奉行クラウドの強みは、給与業務のほとんどをひとまとめにできることです。作業をひととおりデジタル化できるので、給与に関する紙が机にたまることで窮屈に感じる心配がありません。

社会保険や年末調整などもクラウドソフトひとつで済ませられます。公式サイトによると業務を7割削減できるそうです。
給与業務に時間を取られすぎている事業者は、こちらを試してみませんか。

イ.社労士や税理士との協力でも使える

給与奉行クラウドの特徴は、専門家ライセンスの提供です。社労士や税理士などに提供すれば、給与データの参照や直接処理の代行に役立つでしょう。
書類代行を受けた社労士や税理士の負担も軽減できます。

給与奉行クラウドと勤怠管理クラウドのセット活用も重要です。
勤怠管理版で勤怠データが自動集計を受け、給与奉行版と連携します。その結果としてユーザーは勤怠データを直接入力しなくても大丈夫です。他のクラウドソフトとの連携で、利便性が引き立ちます。

(2).人事労務freee

人事労務freeeは労務事務の一本化に対応しています。会社の規模に合わせて問題を解決できるなど、クラウドソフトとして便利に使えるでしょう。

ア.労務事務を一本化しミスのリスクを減らす

人事労務freeeのメリットは、労務事務の一本化です。給与計算から年末調整、保険手続きまで、さまざまな作業をひとつの画面にまとめられます。

人事労務は作業項目が多くて、慎重に進めているつもりでもミスで見落とすかもしれません。しかし人事労務freeeでは作業が手軽になるので、ミスのリスクを減らせます。
やり直しのリスクを抑えながら、効率的に作業を進められるのが強みです。

イ.会社の規模に合わせて課題を解決できる

人事労務freeeは会社の規模に合わせて課題を解決できます。給与計算や労務管理をひとつのソフトで効率的に進められるからです。

たとえば労務の専任者がいない中小企業でも、仕事に集中したい時間を犠牲にすることなく給与計算や年末調整ができます。
従業員3~20名の企業なら、勤怠管理や年末調整も紙を使わずに対応できるでしょう。このように事務作業の時間を大幅に短縮できる可能性があります。

(3).ジョブカン給与計算

ジョブカン給与計算は3ステップで年末調整をこなせるのが特徴です。機能性にも優れているので、中小企業の味方になるでしょう。

ア.年末調整は3ステップでこなせる

ジョブカン給与計算の導入により、給料に関する作業を簡素化できます。たとえば年末調整は3ステップで済ませられるのです。

1. アンケートで控除申告書作成
2. 控除申告書や給与データから自動で源泉徴収票を作り出す
3. 役所に提出する書類をワンクリックで完成させられる

このように3つのプロセスをこなすだけで、年末調整の準備をクリアできます。

イ.豊富な機能に注目

ジョブカン給与計算は機能性にも優れています。中小企業にとってもかゆいところに手が届くメニューが揃っているでしょう。

給与や賞与の自動計算、給与規定グループ、Web給与明細、年末調整などさまざまな機能を備えています。勤怠管理もスムーズに進められることから、あらゆるデータを整理しやすいといえます。

豊富な機能性により、ジョブカン給与計算は多くの事業者を安心させるでしょう。

(4).マネーフォワードクラウド給与

マネーフォワードクラウド給与もシンプルな給与計算がウリです。Web明細を発行できるほか、多くの外部サービスとの連携も強みになります。

ア.給与計算を自動機能でクリアできる

マネーフォワードクラウド給与の特徴は、自動機能の発達です。正確かつ素早い給与計算が特徴になります。

対象者を自動で判定し、所得税や保険料もスピーディに計算してくれるのがポイントです。紙とペンで時間をかけながら作業する手間を省けます。
これまで給与計算で忙しいと感じていた事業者も、マネーフォワードクラウド給与のおかげで作業時間を節約できるでしょう。

イ.さまざまな外部サービスと連携している

外部サービスとの連携もマネーフォワードクラウド給与の特徴です。ジョブカン勤怠管理、SmartHR、オフィスステーションなどさまざまな勤怠・人事・給与サービスと連携しています。

金融機関でもみずほ銀行は三井住友銀行と連携可能です。マネーフォワードクラウド給与でのワンクリックだけで、特定の銀行へ給与振込ができます。

連携サービスの数が多いので、マネーフォワードクラウド給与の利便性は高いでしょう。給料や勤怠管理の作業をシンプルにまとめられるのがウリです。

(5).やよいの給与計算21

やよいの給与計算21は、給与明細書を作りやすいのが特徴です。無料で最新プログラムを使えるサービスもプラスでしょう。

ア.給与明細書を作りやすい

やよいの給与計算21の特徴は、シンプルな作業で給与明細書を作れることです。パソコンの初心者でも短時間で給与計算ができるからです。

経理未経験で給与計算を担当することになる人もいるでしょう。そうした人でも効率よくこなせるので、作業を苦痛に感じる心配はありません。

通常の給料だけでなくボーナス、社会保険、年末調整まで対応しています。ミスのリスクを抑えながら効率よくまとめられるでしょう。

イ.法改正に合わせて最新プログラムを無料でもらえる

やよいの給与計算21は、法改正への対応も特徴です。関連作業にかかわる法律が変わったときは、最新のプログラムを提供してもらえます。
法改正に敏感な提供社は、中小企業の味方になるでしょう。

給与計算や確定申告など、労務管理に関する法律がいつどのように変わるかわかりません。常に最新のプログラムがないと、法改正に気づかず、手続きを失敗する可能性もあります。
しかしやよいの給与計算21には法改正に合わせた最新プログラムがあるので、そのようなリスクにも対処可能です。

(6).PCA給与DX

PCA給与DXは、機能性が高いクラウドソフトです。連携サービスの幅広さも見逃せません。無料体験期間が3カ月あるところにも好感をもてるでしょう。

ア.機能性と連携の広さに注目

PCA給与DXは利便性が高いといえます。給与計算機能や連携の広さが目立つからです。

たとえば機能性では、インターフェースのわかりやすさが目に入るでしょう。複雑な給与計算も無難にこなせます。
給与項目は100まで設定できるなど、事業者の都合に合わせて自由にカスタマイズできる仕組みです。

連携サービスの広さでは、APIがカギです。これにより他のさまざまな製品とシームレスなリンクを結べます。連携の機会が多いほど、給与明細のような書類の作成時間を短くできるでしょう。
以上からPCA給与DXは、スムーズに事務作業を進めるために重要です。

イ.無料体験期間が3カ月

無料体験期間が3カ月に及ぶこともポイントです。通常は1カ月程度が相場とされますが、PCA給与DXは無料で使える期間が長いので、経費削減にも役立ちます。

従業員に払う給料は毎月発生するので、1カ月だけではうまく判断できない事業者もいるでしょう。しかし3カ月も試せば、大部分の使い方を覚えられます。4カ月目以降も使うべきかを冷静に判断できるでしょう。

以上から無料体験期間の長さは、クラウドソフトを希望する人にとってメリットです。

3.まとめ

以上、6種類のおすすめ給与計算ソフトを紹介しました。ほとんどのソフトにおいて、給料や勤怠管理に関係した作業をシンプルにまとめられます。
これまで紙とペンを使って対応していた人も、クラウドソフトのおかげでスムーズに作業を進められるでしょう。

クラウド給与計算ソフトは、事務作業にかかる時間を大幅に縮める可能性があります。実際に時間の節約ができれば、本来の仕事に集中しやすく、生産性の向上にもつながるでしょう。
そうした意味でもクラウド給与計算ソフトは、多くの事業者の味方になります。

PLEASE SHARE

PAGE TOP

MENU

SCROLL

PAGE TOP

LOADING    0%

Please turn your device.
M&A Service CONTACT