ゲーム

【解説】Xbox最新機「Series X」と「Series S」、PS5との機能比較や旧型との互換性

【Nintendo Switch™️】一筆書きパズルゲーム『One Line Coloring - ワンライン カラーリング -』詳細 購入

Xboxから新しいシリーズの本体である「Series X」と「Series S」が登場しました。 「早速使ってみたいけど、どこが便利なの?」「PS5や旧型Xboxと何が違うの?」などと気になっていませんか。
Series X/Sには最新テクノロジーが盛り込まれているので、旧型機よりも楽しみやすいでしょう。

今回はXboxの新しいゲーム機に興味がある人のために、特徴を解説します。
現在話題のPS5との違いや、これまでXboxから生まれた本体との互換性にも触れるので、この記事を読めば新世代ゲーム機の全体像をつかめるでしょう。

1.Xbox Series X/Sの基本情報1.Xbox Series X/Sの基本情報

Xbox Series X/Sの基本的な特徴を紹介します。
それぞれの違いを比べることで、好みを決められるでしょう。

(1).スペック表

まずはXとSのスペックの違いを比較します。

X S
CPU 8コア AMD Zen 2 CPU@   3.8GHz-3.6GHz w/SMT Enabled 8コア AMD Zen 2 CPU@ 3.6GHz-3.4GHz w/SMT Enabled
GPU AMD RDNA 2 GPU 52CUs@1.825GHz AMD RDNA 2 GPU 20CUs@1.565GHz
SoC カスタム7nm Enhanced SoC カスタム7nm Enhanced SoC
メモリ 16GB GDDR6 RAM 10GB GDDR6 RAM
メモリ帯域幅 10GB@560GB/s 6GB@336GB/s 6GB@336GB/s 2GB@56GB/s
パフォーマンスターゲット 4K@60fps 最大120fps 1440p@60fps 最大120fps
ストレージ 1TB PCIe Gen 4 NVME SSD 未圧縮時は2.4GB/Sec  圧縮時は4.8GB/Sec 512GB PCIe Gen 4 NVME SSD 未圧縮時は2.4GB/Sec 圧縮時は4.8GB/Sec
拡張ストレージ 1TB拡張カード 1TB拡張カード
互換 初代Xbox時代からの計1,000以上のゲーム 初代Xbox時代からの計1,000以上のゲーム
ディスクメディア 4K Ultra HD Blu-Ray デジタルダウンロードのみ
端子 HDMI 2.1 HDMI 2.1
メーカー希望小売価格(税込) 5万4780円 3万6080円

ホーム画面の表示はスイッチを入れてからわずか1~2秒など、機能向上がうかがえます。
ゲーム機を持つユーザーの悩みに、ロードや起動に時間がかかりすぎることが挙がるでしょう。

しかしSeries X/Sは、これまでのXboxの中でもトップクラスに動きが早いといえます。
サクサクとプレイしたい人の願いに応えられる設計です。
多くの人がゲーム機に求める起動時間の早さが、Xboxの最新シリーズには備わっています。

(2).HDRやレイトレーシングに対応している

XboxのSeries X/Sは、HDRやレイトレーシングに対応しています。
HDRは明るさの幅を広く表現できる技術で、ユーザーが見やすいように最適化できます。
レイトレーシングとは、コンピューター技術により光線の反射や屈折を使い、立体的な映像を作ることです。
現実に忠実といえるグラフィックを作り出すので、見ごたえを感じられます。

HDRやレイトレーシングのおかげで、ゲームのユーザーは迫力ある画面でプレイできるのです。
リアリティに満ちた画面の方が楽しめるでしょう。

(3).クイックレジュームで中断した時点から再開可能

XboxのSeries X/Sは、クイックレジュームを備えています。
これはプレイ中に別のゲームに切り替えても、前のゲームは中断した時点から再開できる機能です。
従来のゲームはセーブをせずにゲームを終えると、ある時点の最初からやり直さなければなりませんでした。
一度クリアしたところも再度進めなければいけなくて、面倒に感じた人もいるでしょう。

しかしXboxはクリックレジューム機能で、やり直しに迫られる問題を解決しています。
複数のゲームをプレイしたいときに役に立つでしょう。

(4).ワイヤレスコントローラーのシェアボタンで画面を撮影できる

Xboxのワイヤレスコントローラーには、画面撮影機能があります。
真ん中にあるシェアボタンを押すだけで、画面を撮れるのです。
SNSでプレイ画面をアップしたいときに役立つでしょう。
シェアボタンで撮影した写真は、TwitterやInstagramなどのSNSにアップでき、ゲームが好きな仲間と共有できます。

30秒程度ながら動画の録画も可能で、4K映像で見ごたえのある映像が再生できます。
Xboxのシェアボタンのおかげで、SNSを使ったゲームの楽しみ方も実現できます。

(5).旧型のXbox時代のゲームもプレイできる

Xbox Series X/Sでは、旧世代のXbox系ゲームもプレイできます。
Xboxではこれまで初代から始まり、2代目の「360」、3代目の「One」が発売されてきました。
これら3つのどれかでプレイできたゲームが、Series X/Sにも対応しているのです。

たとえばNintendo Switchでは、旧世代である3DSやWii Uのソフトは使えません。
しかしXboxは歴代のゲームの多くをSeries X/Sで楽しめます。
昔好きだった作品も、最新ゲーム機でもう一度楽しめるのです。

3.Xboxの旧世代ゲームとの互換性について

Xbox Series X/Sは、旧世代のゲームにも対応しています。
対象タイトルに人気作が名を連ねるだけでなく、最新ゲーム機に合わせた画質向上もポイントです。
定額のゲームパスで遊べるのも大きいでしょう。

Xbox Series X/Sの旧世代との互換性についてまとめました。

(1).Xbox Series X/Sで遊べる旧世代ゲーム

Xbox Series X/Sでは、過去のゲーム機に対応したソフトも遊べます。
Series X/Sでは、以前の初代や360、Oneの世代に発売されたゲームでもプレイ可能です。

初代Xboxでは、ストリートアクションゲーム『ジェットセットラジオフューチャー』、カードゲームとアクションの融合で話題になった『ファントムダスト』などが人気でした。
他にも360時代に登場したホラーの定番『バイオハザード5』や、Oneで遊べたカーレースゲーム『Forza Horizon 4 アルティメットエディション』なども、Series X/Sでプレイ可能です。

最新ゲーム機ひとつで、Xboxのあらゆる作品を遊べます。

(2).旧世代ゲームもSeries X/Sで画質アップ

Xbox Series X/Sは、互換を受けた旧世代ゲームも高画質で遊べます。
初代Xboxでプレイできたゲームも、現代の技術に合わせて高画質で楽しめるのです。

最新作ばかりでなく、懐かしいゲームを遊んでみたい人もいるでしょう。
Series X/Sを使えば、旧世代のゲーム機にはなかった臨場感を味わえます。
懐かしさと新鮮さが融合した画面で、新しい楽しみを見出せるでしょう。

旧世代ゲームの画質アップは、Series X/Sの魅力として要注目です。

(3).Xbox Game Passで定額遊び放題

Xbox Series X/Sでは、定額遊び放題の「Xbox Game Pass」を利用できます。
対象タイトルは100を超え、UltimateメンバーならEA Playタイトルも使えることがメリットです。

Game Passでは、リストアップされたタイトルを追加料金なしで遊べます。
他にも追加コンテンツの購入など、特典も充実です。
本体だけでゲームソフトがなくても、Xbox Game Passひとつで手軽に遊べるようになりました。

4.Xbox Series X/SとPS5の違いは?

2020年11月10日にXbox Series X/Sが話題ですが、同年11月12日にはライバルのPlaystation5(以下PS5)も発売されています。
ともに人気のゲーム機シリーズなので、どちらが優れているか気になる人もいるでしょう。

ここでは性能上位のXbox Series XとPS5で特徴を比べます。

(1).性能を決めるCPUとGPUではXboxが優勢

ゲーム機の性能で重要なのはCPUやGPUですが、PS5よりXbox Series Xが優勢です。 以下の表で数字を比べてみましょう。

Xbox Series X PS5
CPU性能 SMTなし:3.8GHz SMTあり:3.6GHz 最大3.5GHz(クロック可変)
GPU性能 12TFLOPS 10.3TFLOPS

CPUとGPUどちらを見ても、Xboxの方が数値が高いといえます。
PS5が上位機種で性能を高める可能性はありますが、現時点ではXboxの方が動きが早いという結論です。

(2).ストレージはPS5優勢も、Xboxは独自技術で便利になった

ストレージはデータ転送能力で、PS5の方が数字で優勢です。以下の表をチェックしてみましょう。

Xbox Series X PS5
SSD性能 基本速度:2.4GB/s 圧縮転送技術使用時:4.8GB/s 基本速度:5.5GB/s 圧縮転送技術使用時:8~9GB/s

XboxのSSD性能は、圧縮転送技術を使っているときでも、PS5の基本速度に及びません。
しかしXboxは、内部SSDと同じ転送速度をキープしながら、拡張SSDを使用できます。

データの容量を簡単に広げられる独自技術で、Xboxは読み込みのスピードアップが可能です。
データ転送の速度比較だけでなく、容量の広げ方にも注目すると、Xboxは性能面で他社に負けていません。

(3).XboxはPS5よりも省エネ性能が高い

XboxはPS5より消費電力が小さいので、省エネ効果を期待できます。
Xbox Series Xが315Wに対し、PS5は350Wだからです。 電気代のかかりにくさでは、少しだけですがXboxの方が優勢です。

XboxはPS5よりもサイズがコンパクトなので、そのぶん電力もたくさん使わないのでしょう。
機能性に優れながら消費電力が少ないという点で、Xbox Series X/Sは便利です。

5.まとめ

2020年11月10に、Xbox Series X/Sが発売されました。
PS5よりも小さな消費電力や、大きなCPU・GPU性能などが特徴です。

旧世代のXbox作品も、Series X/Sでプレイできるようになりました。
本格的な高画質で、臨場感あふれる映像を楽しめるのもポイントです。
PS5にも負けないスペックがあるので、Xboxシリーズは今後も要注目でしょう。

6.関連記事

ゲームの対象年齢を決める「CERO」とは? 北米、欧州、アジアなどの海外の審査との違いも紹介 こちらの記事ではCEROを基本から学びたい方のために、定義や仕組みを紹介しています。海外のゲーム倫理審査との違いも挙げるので、CEROの位置づけや全体像がさまざまな観点から分かるでしょう。

モバイルゲームの海外展開・ローカライズにおけるポイントと事例 モバイルゲーム業界の構造を説明した上で、海外展開への問題点を解説しています。さらにこれまでの事例をもとに海外展開におけるポイントもお伝えします。

さいごに

パラダイムシフトは、IT領域のM&Aを得意とする会社で、未上場のゲーム開発企業の事例や、システム・アプリ開発企業の事例など、これまでに担当してきた実績の数も豊富です。

M&Aに到るまでの背景や、交渉の進め方、そして交渉する際に特に苦労した点などを、それぞれの事例ごとに整理してまとめていますので、ゲーム領域への参入を検討しているが、社内の企画・開発力に不安があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本国内だけでなく、法人に対する規制が他国に比べて少ない、BVI法人( British Virgin Islands / BVIは、カリブ海に存在するイギリス自治領のことで、タックスヘイブンとして有名な土地 )に関する事例のレポートなども掲載しています。

M&Aレポート / パラダイムシフト https://paradigm-shift.co.jp/news/category/2?page=4

PLEASE SHARE

PAGE TOP

MENU

SCROLL

PAGE TOP

LOADING    0%

Please turn your device.
M&A Service CONTACT