IT

洋服・車・自販機...!サブスクリプションサービスを11個紹介!

今回は、様々なジャンルから、サブスクリプション型のサービスを11個ピックアップして、紹介していきます。
そもそもサブスクリプションって何?という方や、具体的にどんなサービスがあるのか参考にしたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

そして最後に、新規事業を検討されている方向けのサポートも紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

1.サブスクリプションサービスとは?

サブスクリプションサービスは、毎月、固定の定額料金でサービスを利用できる形態のことです。ひとつのコンテンツやサービス毎にお金を支払う形が一般的ですが、サブスクリプションの場合は、そうではありません。

サブスクリプションサービスとして日本で有名なものは、動画サービスのHuluやNetflix、音楽サービスのSpotifyやApple Musicなどで、毎月1000円前後の料金を支払うだけで、各サービスにラインナップとして揃っているコンテンツを、無制限に視聴することが可能となっています。

そしてこういったサブスクリプション型のサービスは、エンタメの分野だけでなく様々なジャンルにあり、今後も増えていくと予想されています。

2.注目のサブスクリプションサービスを11個紹介!

(1) メチャカリ

「メチャカリ」は、月額定額で、洋服をレンタルできるサービスです。着用した洋服は、クリーニングせず、そのまま返却する形となっています。ちなみにラインナップとして揃っている洋服は、中古品ではなく全て新品のアイテムです。

洋服は注文から3日前後で届くシステムになっており、毎月の料金は5800円(3枠までレンタル可能)となっています。ちなみに実際にレンタルして商品を気に入った場合は、表示価格から5%OFFの値段で買い取ることも可能です。

洋服を購入するとなると、一回につき1万円を超えてしまうことも珍しくないですし、トータルで考えた際、かなりコスパのいいサービスといえます。

メチャカリ

(2)MEZON

2つ目の「MEZON」は、500以上の提携美容室のシャンプーブローやヘアケアが、受け放題になるサービスです。毎日美容室に寄り、シャンプーやヘッドスパのサービスを受けることも可能になります。

受けられるサービスのメニューも幅広く、シャンプーやヘッドスパに加えて、トリートメント、リタッチ(根元染め)、ヘアアレンジ、前髪カット・パーマなどのサービスも受けられるようになっています。

なお料金は10,500円〜となっており、この場合は最大で4回までシャンプーやヘアケアのサービスが受けられるようになっています(シャンプーやスタイリング通い放題のサービスを利用するためには、毎月25000円〜のプランに申し込む必要があります)。

ちなみに現在は東京などの大都市圏の美容室が中心となっています。

MEZON

(3)Dyson Technology +

「Dyson Technology +」は、スタイリッシュなデザインの掃除機で有名な「ダイソン」の商品を利用できるサービスです。購入ではなく、レンタルという形になりますが、月額1000円〜ダイソンのコードレスクリーナーや、ファンヒーター、ヘアドライヤーなどを利用できます。

ちなみに利用する際は、それぞれのプランに3年もしくは2年加入する設定期間が設けられており、解約する際には事務手数料が3000円発生する仕組みになってます。

この仕組みだけですと、普通にレンタルではなく購入したほうがお得ですが、製品は最短2年ごとに新しい機種にアップデートされるシステムなので、長い目でみるとお得度が高く、出来るだけ新しいものを利用したい、という人向けのサービスといえそうです。

Dyson Technology +

(4)ゼロCafe / OFFICE PASS

「ゼロCafe」は、提携する約30のお店のコーヒーが、月額3,980円で1杯無料になるサービスです。中には電源・Wifiが使えるカフェもあるようなので、フリーランスやリモートワーカーにも向いていそうです。

なお現在、提携店は東京都が中心ですが、地方でもそのまま展開できそうなサービスといえます。

ゼロCafe

ちなみに類似サービスとして、「OFFICE PASS」というサービスもありますが、こちらは全国200箇所以上の提携しているコワーキングスペースが、月額15,258円〜で使い放題になるサービスです。

ゼロCafeよりも値段は高いですが、電源やWifiなどの環境設備は、コワーキングスペースのほうが整っているため、仕事中心での利用を考えている人はこちらのほうが良いかもしれません。

OFFICE PASS

(5)every pass

「every pass」は、JR東日本の駅内にあるアキュアの自販機の飲み物が、毎月980円(1ヶ月後からは2480円に変更)で、毎日1本受け取れるようになるサービスです。1本120円を30日購入する場合、3600円かかるわけですから、お得度の高いサービスです。

ちなみにドリンクを受け取る際の方法ですが、事前にアプリで欲しいドリンクを選択し、その際に表示されたQRコードを自販機にかざして受け取る、という形になっています。

なおこの「every pass」は、10月1日開始予定の自販機初のサブスクリプションサービスとなっており、現在テストユーザーを500名限定で募集しています。

every pass

(6)KURAND CLUB / THE STELLA

「KURAND CLUB」は、日本酒の定期購入サービスです。日本各地の希少な日本酒を、会員のためだけに特別醸造し、それを毎月選んで送ってくれるサービスです。プラス、お酒だけでなく、お酒にまつわるストーリーが詰まったニュースレターや、地域のおつまみなどもついてきます。

他にも、KURAND CLUBに申込むと、KURANDが提供しているオンラインストアの商品を10%OFFで購入できたり、会員限定のイベントに参加できるなど、特典が盛り沢山です。

ちなみに料金ですが、これだけ盛り沢山な特典が用意されているにもかかわらず、月額2,980円(初回は80%OFFの596円)です。

KURAND CLUB

類似サービスとして、「THE STELLA」という、ワイン版のサブスクリプションサービスもあります。

THE STELLA

(7)Reduce Go

「Reduce Go」は、飲食店が本来廃棄する予定だった余剰食品を、お得な値段で購入できるサービスです。ユーザーだけではなく、お店側にとっても「食材を無駄にする事が減る」というメリットがあり、なおかつ環境にも優しいサービスなので、いいことだらけの社会的意義の大きいサービスといえます。

実際のサービスの利用方法ですが、

  1. アプリを起動すると、現在地周辺の余剰食品が一覧で表示される
  2. 商品を選び注文する
  3. 指定の時間にお店に取りにいく

このような流れになっています。

なお現在のところ、関東エリアと名古屋エリアのみでの展開になっていますが、地方限定版にして、そのまま横展開しても、喜ぶ人が多そうなサービスです。

ちなみに料金は月額1980円で、毎日2回まで注文可能となっています。 Reduce Go

(8)Post Coffee

「Post Coffee」は、毎月様々な種類のコーヒーを定期購入できるサブスクリプションサービスです。最初に10個の質問に回答するコーヒー診断を行い、約15万通りの中から、自分にあったコーヒーを3種類選んで(届いたコーヒーに対してフィードバックが可能)、フィルター、砂糖、ミルク、そして煎れ方と合わせて提供してくれます。

ちなみに料金は、月額1480円〜です。それぞれのニーズに合わせて変動する形になっています。

Post Coffee

(9)Toysub!

「Toysub!」はおもちゃのサブスクリプションサービスです。おもちゃや知育玩具を、子供の成長に合わせ、隔月で定期的に届けてくれる形になっており、子供は色々な種類のおもちゃに触ることができます。

子供用向けのおもちゃは、購入しても、その後、遊ばなくなってしまうものが多いので、このようなレンタル形式のほうがニーズに沿っているかもしれません。ちなみに気に入ったおもちゃはそのまま特別価格で購入することも可能となっています。

なお料金は、隔月コースの場合、月額3,340円(税抜)で、一度に6点のおもちゃが届くようになっています。

Toysub

(10)絵本クラブ / WorldLibrary Personal

「絵本クラブ」は、絵本のサブスクです。先ほどのおもちゃの場合と同じように、子供の年齢に応じた絵本を選び、毎月届けてくれる定期サービスとなっています。

ちなみにこちらの場合は、レンタルではなく、購入という形になっており、飽きてしまった本などは、別の絵本を購入するためのポイントに交換することが可能となっています。

料金は、本の冊数や種類によってかわるため、定額ではありません。だいたい毎月、約2000円前後となっています。

絵本クラブ

なお、類似サービスとして「WorldLibrary Personal」というサービスもあります。こちらは世界各国の様々な絵本が毎月1冊届くサービスで、値段は1000円(税別・手数料別)と固定になっています。

WorldLibrary Personal

(11)KINTO

「KINTO」は、自動車メーカーのトヨタが運営する、車のサブスクリプションサービスです。車の本体価格、保険、自動車税、メンテナンス費用が、毎月の支払い価格に全部まとめて請求されます。そして3年毎に新車に乗り換えるか、返却するか選択することができます。

なお、サービスの利用料金は車種によって変わり、例えばアクアという車種の場合は43,450円〜、プリウスの場合は50,710円〜、レクサスの場合は74,800円〜となっています。

KINTO

3.さいごに

パラダイムシフトは、IT領域に強みをもつ、M&Aサービスのパイオニア企業として、新規事業開発サービスも提供しています。

普段のM&A業務で得た、様々な情報とビジネスモデルの知識、そしてM&Aを通して獲得した広く深いネットワークによるサポートなど、パラダイムシフトならではの価値を提供することが可能です。

新規事業としてサブスクリプションサービスを検討しているが、社内の開発力・制作力に課題があり、実際のプランとして実行できない、という場合や、事業開発のアイディア段階から様々なサポートが欲しいという方は、パラダイムシフトのWEBサイトもチェックしてみてください。

M&Aについて

事業開発について

PLEASE SHARE

PAGE TOP

MENU

SCROLL

PAGE TOP

LOADING

Please turn your device.
M&A Service CONTACT