M&Aレポート

総合商社 => 投資会社

# 譲渡会社 譲受会社
業種 総合商社 投資会社
種別 東証一部上場 未上場

事業の概要

セルサイド(譲渡会社)は、東証一部上場企業の100%子会社であるシステム開発会社です。

バイサイド(譲受会社)は、投資会社(資産管理会社)になります。

M&Aに至る経緯

本件のセルサイド企業は元々バイサイドとして弊社と接点を持たせて頂いていた企業様でございました。セルサイド企業の事業ポートフォリオの観点から、同企業グループ子会社の譲渡をご検討され、弊社にご相談を頂きました。

本件バイサイドの投資会社とは、従前より案件のご紹介をさせていただく関係にあり、複数の候補先の中の一候補として、本件のご紹介をして交渉が開始しております。

交渉の過程

従前より接点があったため、セルサイド企業との事前準備はスムーズに進みました。ノンネームシート及びIM作成、譲渡先候補のリストアップから本件のM&Aアプローチがスタートしました。弊社にてプロセスレターの作成・送付、ご興味をお持ち頂いた複数候補先とのお引き合わせを行いました。多くの候補先よりご興味をお持ち頂き、一次選考、二次選考を経ていくつかの候補先にDD及び契約書の検討を行っていただきました。最終決定までにセルサイド企業内での検討に時間を要しましたが、最終的にはセルサイド企業の想定スケジュール内で契約書締結まで終えました。

交渉の難点

興味をお持ち頂いた候補先が多く、各選考のステップで、セルサイド企業の検討に時間を要し、弊社から各候補先へのリテンション及びセルサイド企業内の説明資料の作成補助などを行っています。また、最終選考でも複数の候補先に検討を進めていただいたため、DDの日程調整、スケジュールの管理に注力しました。

また、候補先との交渉においては、株式譲渡の契約書の修正に時間がかかりました。シンプルな株式譲渡の案件ですが、セルサイド企業が大きなグループであることもあり競業避止義務の内容や、その他条件の交渉に時間を要し、弁護士同席の上での交渉が続きました。

克服

弊社からは、セルサイド企業及び各候補先への連絡をこまめに行い、リテンション、進捗の確認を日々行いました。契約書については、セルサイド企業の法務部の方と弊社がやりとりをして手続きの補助をさせていただき、円滑に手続きを進めることができました。

成約

候補先の選定や契約条件の交渉などに難航しましたが、弊社が本件の打診開始してから約9ヶ月で本件の成約に至りました。

デジタル化推進やIT技術を利用した成長といった言葉が今でも叫ばれている中、弊社が日々接点を持たせて頂いているバイサイド候補企業は、IT企業はもちろん、一見ITとは直接関係のないような企業からも国内外問わず広くご相談を頂いております。事業の整理等で譲受候補先などをご検討されていらっしゃいましたら、まずは一度弊社までご相談頂ければと存じております。

PLEASE SHARE

PAGE TOP

CONTACT

SCROLL

PAGE TOP

LOADING

Please turn your device.