評価・バリュエーション

企業価値

1. 企業価値とは

企業価値とは、会社そのものの価値を指します。

一般的に企業価値の算定は、資産や負債などの帳簿上の価値だけでなく、対象となる会社の事業の業績や将来性等様々な切り口から、対象となる企業を分析することで総合的に算出されます。

2. M&Aの場面では

M&Aのプロセスにおいて、いわば企業の値段とも言える企業価値は、買収・売却金額を決めることとなるため、極めて重要です。

当然ながら、セルサイド企業としては、企業価値を少しでも高めようとしますし、バイサイド企業としては、企業価値を下げる要因がないかを精査することとなるため、株式価値の算定はM&A交渉の中でも特に議論になりがちなポイントといえます。

もっとも、企業価値の算定は、帳簿上の簿価でなく、対象となる会社の事業の業績や将来性等様々な切り口から分析を行うため、複雑なものとなりがちです。その際の算定方法としては、コストアプローチ、マーケットアプローチ、インカムアプローチなどの方法がありますが、その算定には専門的な知識を要するため、専門家にご相談いただくのが良いでしょう。

なお、各アプローチ方法については、各用語集をご参照ください。

▼参考記事:M&A交渉の肝「バリュエーション」の種類と内容を解説

PLEASE SHARE

PAGE TOP

CONTACT

SCROLL

PAGE TOP

LOADING

Please turn your device.