Ⅰ インカムアプローチとは

 インカムアプローチとは、評価対象会社の収益力をベースに評価する方法です。その代表的な評価方法はDCF(Discounted Cash Flow)法です。DCF法とは、評価対象会社の将来期待される一連のキャッシュフローをそれが実現するのに見込まれるリスク等を反映した割引率で現在価値に割り引いて株価を算定する方法です。


 DCF法は評価対象会社の詳細なキャッシュフローの計画に基づくため、複数のシナリオの設計や変動要素の影響を加味したシミュレーションをすることも可能であり、柔軟な評価ができる点に特徴があります。反面、将来のキャッシュフローの見通しには主観的な要素が多く入り込むため、恣意的に評価することも十分可能となります。


 そのため、M&A交渉において説得力を持たせるためには、いかに合理的なロジックに基づいて評価されているかがポイントとなります。



Ⅱ 主な評価方法

 インカム・アプローチの主な評価方法は以下の通りです。


・DCF法:将来獲得するキャッシュフローを現在価値に割り引いて算定する方法


・モンテカルロDCF法:モンテカルロシミュレーションを利用し、複数の変動要素の不確実性の影響を織り込んだDCF法


・APV法:割引率や資本構成の変化を織り込んだキャッシュ・フローの現在価値を利用して算定する方法


・配当割引モデル:将来の予想配当を資本還元して算定する方法