Ⅰ アドテクノロジーとは何か

英語では「advertising technology」と表記され、インターネット広告における効率化のためのシステムです。


また業界では「アドテク」と略称で呼ばれることが大半です。また、アドテクノロジー製品を企画・開発・販売している企業の事をアドテクベンダーと呼びます。このアドテクノロジーは、IT業界では欠かせないツールとなっており、現在では多くの企業で導入されています。 


アドテクノロジーを用いてインターネット広告を運用することにより、下記の効果が見込めます。


・広告主がより高い広告効果を出すために、より適切なチャネルに広告を出した対象とするターゲットに届けることが出来る


・メディア運営者が広告枠販売や広告配信を効率的に行え、収益を最大化出来る。



代表的なアドテクプロダクト


代表的なアドテクプロダクトとしては次のようなものが挙げられます。


①メディアに関わるアドテク


・Ad Network


 広告媒体となるウェブサイトを集めて広告配信ネットワークを形成し、多数のウェブサイト上で広告を配信することを可能とする広告配信システムです。


・Ad Exchange


 広告出稿数と広告枠の需給変動により、リアルタイムで広告枠の入札単価が変動するシステムです。


・DSP(Demand Side Platform)


 DSPとは、自動で自社の広告に興味関心が高いユーザーにターゲットを絞り配信したり、広告媒体の情報を一括で管理し、後述するSSPとのリアルタイム入札取引を実現することを可能とするプラットフォームシステムです。


・SSP(Supply Side Platform)


 SSPとは接続しているDSPやアドネットワークなどの広告主の中で一番収益性が高いものを自動で選択して配信したり、媒体に訪れるユーザーの情報、広告枠の情報を一括で管理してDSPとのリアルタイム入札取引を実現することが出来るプラットフォームシステムです。



②広告主に関するアドテク


・RTB(Real Time Biding)


 RTB とは、SSPとDSPで用いられる入札単価決定システムで、リアルタイムで広告枠のインプレッション(広告表示)が発生するたびに入札を行い、最も高い金額をつけた購入者の広告を表示することを可能とします。


・ダイナミックリターゲティング


  Webサイトを訪れたことがあるユーザーに対して、その訪問履歴をもとに再度の訪問と購入を促すため、商品やサービスに関する広告を自動生成して表示するシステムです。


③ターゲット分析に関わるアドテク


・広告効果測定ツール


 WEB広告を出稿した際の情報の数値化し、費用対効果を測定するための計測ツールです。


・DMP(Data Management Platform)


 インターネット上のサーバーの蓄積されている自社サイトのログデータなどのビッグデータを一元管理、分析し、最終的に広告配信のアクションプランの最適化するためのプラットフォームシステムです。



代表的な企業


DSP事業


・株式会社フリークアウト


・ソネット・メディア・ネットワークス株式会社


・株式会社マイクロアド



SSP事業


・株式会社VOYAGE GROUP


・株式会社ジーニー



DMP事業


・株式会社ブレインパッド



広告効果測定ツール事業


・ロックオン



M&A事例


アドテクノロジー業界におけるM&Aの事例としては、2018年の楽天による、広告プラットフォームの開発・運用を行う「LOB」の買収事例が挙げられます。この M&Aにより、LOBの技術力を活かして自社広告プラットフォームや海外進出への体制の強化を整えました。


また、2017年の、KDDIのグループ会社でインターネット広告事業を主軸とするSyn.ホールディングス株式会社が同業のMomentum株式会社を買収した事例なども挙げられます。