Ⅰ 法務DDとは

 法務DDとは、法的なリスクを抽出し、買収スキームや買取価格、最終契約等の交渉を効率的に進めるための情報収集・調査のことです。法務DDで発見された法的リスクに対しては、金額換算が可能なものは買収価格に反映する、又は将来そのリスクが発現した場合に売り手がそのコストを負担することを表明・保証させるなど、何らかの対応策を施すことになります。


独占禁止法や外国貿易法等に抵触するなど、検出されたリスクが重大である場合は買収を断念せざるを得ないこともあり、法務DDは欠くことのできない手続きです。法務DDは、法律事務所(弁護士)に委託することが一般的です。



Ⅱ 法務DDにおける着眼点

 法務DDでは、株式の権利内容、重要な契約上のリスク、知的財産権、従業員・役員、許認可、訴訟・紛争、環境汚染、独占禁止法、不動産といった点に着目します。