Ⅰ 財務DDとは

 財務DDとは、財務、会計、税務面から過去の損益状況を調査し、現在の財務状況および将来の損益予測のベースを確認するための調査のことです。単に会計処理の誤りや簿外債務を抽出するに留まらず、将来の事業計画の前提を検証するという点が重要です。なぜなら、将来の事業計画の妥当性は買収価格のみならず、統合計画にも影響を及ぼす問題であるからです。その意味では、ビジネスDDと調査項目は重複する部分も多く、財務DDはビジネスDDの結果の数値的な裏付けを取るという面も併せ持ちます。そのため、両方の作業は連携をとりながら進めることが肝心です。財務DDは、監査法人、会計事務所、税理士法人、財務系コンサルティング会社などに委託することが一般的です。



Ⅱ 財務DDにおける着眼点

 財務DDでは、売上高、売上原価・製造原価、販管費、人件費、営業外損益・特別損益といった損益計算書項目の分析、および売上債権、棚卸資産、仕入債務、正味運転資本、有形固定資産、投資有価証券、借入金、退職給付引当金、未払税金・繰延税金資産といった貸借対照表項目の分析を行います。