Ⅰ CVRとは

 CVRとは、Conversion Rateの略です。Conversionは日本語に訳すと「変換」という意味になりますが、この場合のConversionは「結果」的な意味合いが強く、Webサイトを訪れたアクセス(母数)に対し、何件がConversion(結果)に結びついたかを示します。具体的には、CVR(%)=Conversion(結果)/PV数等(母数)×100によって示されます。



Ⅱ CVRの計算例

 CVRでは、この母数とConversion(結果)をどう定義するかを明確にすることが必要不可欠です。例えば、パラダイムシフトのWebサイトを例にすると、母数について「WebサイトのPV数」と定義し、Conversion(結果)を「M&A契約の成約数」定義したとします。この場合で、仮に1ヶ月間のパラダイムシフトHPのPV数が10,000PVであり、この月のM&Aの成約件数が10件あった場合、CVRは、10/10,000×100=0.1%ということになります。一方で、母数について同じくPV数と定義し、Conversion(結果)をクライアント企業様とのM&Aに関するアポイント数と定義したとします。この場合で、仮に1ヶ月間のパラダイムシフトHPのPV数が同様に10,000PVであり、この月のM&Aに関するアポイント数が100件あったとすると、CVRは、100/10,000×100=1%となります。



Ⅲ IT企業のM&A時の注意点

 このようにCVRは、母数とConversion(結果)をどのように定義するかによって値が異なってきます。IT企業のM&Aにおいて、このようなCVRがIT企業の価値を図る指標として用いられることもありますが、上記のようにCVRは定義の仕方によって意味合いや数値が異なってくるため、CVRを指標として用いる際は、必ずCVRの定義について確認しておくことが必要です。