Ⅰ PVとは

 PVとは、Page Viewの略語であり、Webサイトの特定ページが参照された回数を示します。例えば、このパラダイムシフトのWebサイトのトップページを10人が訪れ、各々のブラウザ(Internet Explorerなど)に1度トップページが表示された場合、PVは10となります。さらに、トップページを訪れた10人のうち3人がこの用語集のページを訪れ、各1回用語集のページが開かれた場合、パラダイムシフトのWebサイト全体のPVは10+3=13ということになります。


 このPVは、IT業界ではウェブサイトの価値を示す指標としてもっともよく使われる指標の1つです。例えば、特定のWebメディアについて、「1ヶ月200万PVもあるメディアなら興味があるな」とか「Aメディアは昨年の同じ月に比べて50万PVも減少しているため、改善の必要があります」のように使用されます。


 PV数はGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを導入するなどの方法で確認することができます。



Ⅱ PVとUU

 PVと似た概念としてUUがあります。


 UUは、Unique Userの略であり、特定の期間中にウェブサイトを訪れたユーザーの数を示します。ポイントは、ウェブサイトの参照数ではなく、ユーザーの数を示しているというところです。


 例えば、1ヶ月を集計期間として設定した場合、Aというユーザーがパラダイムシフトのページを1日1回(合計30回)訪れ、トップページを各1回表示していった場合、PVは30PVということになりますが、UUは1UUに留まります。


 このようなUUの特徴から、UUの数値によって、そのWebサイトがどれくらいの人に支持されているかが分かります。これは特にメディアサイトのような固定の読者を持つサイトの場合、固定の読者となるユーザーが増加しているのか減少しているのかが分かることから、重要な指標となります。



Ⅲ PV(UU)とM&A

 IT企業のM&Aにおいて、Web制作会社の売買が頻繁に行われています。また、IT企業のM&Aに特化したパラダイムシフトでは、Web制作会社単位の売買だけでなく、Webサイト単位での売買も多く扱っています。


この際は、Webサイトの実力を測る指標として、これらのPV数、UU数が重要な指標として参照される傾向にあります。