事業内容Our Services

M&A アドバイザリー

弊社は、2011年よりIT領域に特化したM&Aアドバイザリーサービスを提供しております。現在では国内最大級の実績を有し、日本を代表する企業からベンチャー企業まで、多岐に渡るニーズに応えて参りました。領域特化型のパイオニアである当社に、是非お任せ下さい。


パラダイムシフトの特徴

IT領域特化型として国内最大級の案件実績

弊社は年間に数十件のM&Aディールを手掛け、創業から約4年でM&A案件実績は国内最大規模に成長致しました。短期間で国内最大規模まで成長できた要因は、IT領域の旺盛なM&Aニーズによる後押しと、IT領域特有の非常に早い意思決定や、サービス開発のスピードと同じ速度で走ることができたからだと考えております。そして、M&Aアドバイザリー業務では、案件を通して培われた担当者の経験値、案件を通して構築した業界内ネットワークの厚さが、案件成立の重要な要素となります。領域特化であるからこそ、経験値や業界内ネットワークなど成功の要因を網羅的、効率的に抑えていることが弊社の強みです。


アプリ単体の売却など小規模なM&Aにも対応

一般的なM&Aアドバイザリー事業者にとって、IT分野のM&A(特にサービス、アプリ単位の売却)は他の案件に比べ、小規模である事も多く、また、仮に着手したとしても業界特性や適切な案件組成ができないケースが散見されます。また、小規模なM&Aにも関わらず、着手金など先行するコストが発生し、経済合理性の観点からも、双方にメリットがあるとは言えません。弊社は、領域特化の強みを活かし、素早い案件のクロージングを実行、また着手金などのイニシャルコストは一切求めない「成功報酬型」を貫くことから、こうした小規模なご依頼にも応えて参りました。


領域特化型の特徴と案件実績に裏打ちされた「納得感」と「満足感」の高いサービス

領域特化型であるからこそ、IT領域の対象企業(事業)に対しては、他社に比べ、正確且つ深い事業理解が可能です。正確且つ深い事業理解は、現在行っている事業への理解だけでなく、今後の成長戦略まで考慮したデューデリジェンスへ直結致します。このデューデリジェンスは、売り手買い手双方にメリットをもたらすものと信じております。

売り手にとっては、高い事業価値での売却につながり、売却先の企業の選定においても「的外れ」な提案や面談を省いたスムーズな売却を実現します。また売却した後のサービスの成長など、自分の「子供」を安心して送り出すことにつながり、結果として「納得感」と「満足感」のある売却をお手伝い致します。買い手企業にとっても、既存事業や成長戦略とのシナジーを生み出すことに直結、売り手の「納得感」の高さが買収後の協力体制をより強固にし、M&Aの後まで双方の「満足感」が持続する取引を実現します。


プロフェッショナルチームによる適切な案件組成

弊社は、投資銀行、投資ファンド出身のメンバーを中心としたプロフェッショナルチームです。単純な紹介業ではなく、ご依頼内容に応じた適切なスキームの構築、専門的なデューデリジェンス、コンサルティングなど多岐に渡るサポートを行います。また、契約関係が複雑な事業部の切り出し、関係企業間の債権整理を含めたグループ再編、複数の個人株主の段階的な取り纏めなど、あらゆるニーズ、複雑な案件内容にもお応え致します。