M&A CaseOur Services

Transfer Company
Industry Type 個人事業主
Type 未上場
Reception Company
Industry Type CP事業、メディア運営企業
Type 未上場

Summary of the business

セルサイドは、メディア運営を行う個人事業主です。

バイサイドは、コンテンツプロバイダ事業やメディア運営事業を行う国内の未上場企業です。


Why M&A

本件のバイサイド企業は、弊社と長くご縁を頂いている企業様でございます。バイサイド企業から特定領域のメディアを複数買収していきたいというご相談を直接弊社に頂いたことから本件がスタート致しました。バイサイド企業は元々メディア運営を行っていた企業様でございますが、既存の好調なメディアに加え、別領域において新たな軸となるメディアを立ち上げられたいご意向があり、本件のご相談を頂きました。

Course of dealing

バイサイド企業は買収意向のあるメディアについて自社でリストアップを行なっており、バイサイド企業がリストアップしたメディアに対して弊社でアプローチを行なっていくという進め方で合意し、まずは弊社にてリスト上のメディア運営者に対してドアノックすることから本件M&Aのアプローチがスタートしました。弊社にて本件M&Aのアプローチを行ったところ、本件セルサイドとなるメディア運営者様から詳細を聞きたいというご連絡を弊社へ頂くことができました。同運営者様は遠方にいらっしゃったため、弊社担当が電話にて打ち合わせを行い、本件の背景やバイサイド企業の概要をノンネームでお伝えしつつ、セルサイド運営メディアについて慎重にヒアリングを重ねてまいりました。

Difficulty of dealing

セルサイドは過去に、他の買収意向のある企業から直接アプローチをかけられたことがございましたが、一連の情報を開示した時点でアプローチをかけてきた企業と音信不通になってしまった経験があり、M&Aについて興味は持たれていた一方、同時に不信感もお持ちでございました。そのような経緯もあり、弊社と接点を持たせて頂いた当初は、セルサイドは情報開示に対して非常に慎重でらっしゃいました。一方で、セルサイドは個人でメディア運営をされており、記事作成等も全てお一人で行われていたため、一定の条件を確保できればスピード感を持って売却をしたいというご意向もお持ちでございました。

これに対し、バイサイド企業は、対象メディアサイトが安定して収益を上げられるか否かを見定めてから買収に踏み切りたいご意向がありました。

その背景としては、交渉の途中でGoogleによる検索アルゴリズムのアップデートがあったことから、対象メディアサイトにどれだけの影響が出ているかを確認してから、買収金額などの算定を行い、買収に踏み切りたいというご意向でした。


How to get over difficulty

セルサイドは情報開示について非常に慎重になられていましたが、弊社からも慎重にお話を重ねることで、少しずつ情報を開示いただくことができました。開示いただいた情報を基に、バイサイド企業に買収金額の算定方法をご提示頂き、当該算定方法より算出した金額にて双方の合意を頂く事ができました。買収(譲渡)金額の算定に当たっては、双方に認識の相違が無いよう用語の定義などを慎重に定めることで、事業譲渡の合意へと至りました。

Closing

交渉において様々な難点がございましたが、双方に買収(譲渡)金額の合意を頂いた後、DDや各種アカウント、システムの移管作業等などを経て、最終的にバイサイド企業よりご依頼を頂いてから、譲渡契約の締結までを約2ヶ月でクロージング致しました。特に各種移管作業においては、対象のメディアサイトで多くのASPを利用されていたこともあり、情報量や作業項目も多くございましたが、弊社がセルサイド運営者様から頂いた情報について、バイサイド企業でご対応いただくべき作業項目などを弊社で整理した上で、共有させて頂きました。その結果、スムーズなご成約に繋げることができたものと考えております。このようなIT領域に関わる細かな部分についても迅速且つ丁寧に対応させて頂けることはIT領域に特化している弊社ならではの強みでもあると考えております。

本件のように買収対象先が明確となっており、自社でリスト化しているようなケースで、その対象先に弊社からアプローチを行なってほしいというご相談を頂くことが多くございます。買収対象となる企業やメディアなど、簡易的なリストアップをした上でご相談を頂くことで、弊社としてもスピード感を持ってアプローチを開始することができますため、ご成約までの期間が短くなるケースが多くございます。もちろんそのような場合でも、弊社にて追加のリストアップを行わせて頂くことも可能でございますので、本件のように明確な買収対象候補があるようなケースでも、まずは一度弊社にご相談を頂けますと幸いです。


Relation Glossary