M&A CaseOur Services

Transfer Company
Industry Type 開発会社
Type 未上場
Reception Company
Industry Type 大手広告代理店
Type 上場

Summary of the business

セルサイド企業は上場企業や大手IT企業からのwebシステムの設計/開発の請負や受託開発を行なっているシステム開発会社であり、バイサイド企業はASP事業に強みを持つ大手インターネット広告代理店事業を営まれているIT企業です。

Why M&A

セルサイド企業としては、企業規模の拡大を企図する中で、営業人材の採用やエンジニアの育成を行うために資金調達のニーズがありました。しかし一方で、代表者様個人の借入れのみでは限度があり、他社との資本業務提携をご検討される中で弊社にご相談を頂きました。

Course of dealing

先ずは弊社からバイサイド企業候補のリストアップを行い、IT事業会社、人材派遣会社、アプリ開発会社、SI企業など、セルサイド企業の技術力を活かす事が出来る企業に幅広くアプローチを行いました。

アプローチを行った企業の中から複数の企業との引き合わせを実施し、最終的に大手インターネット広告代理店がバイサイド企業候補として浮上しました。バイサイド企業としては、ASPサービスの拡大を目指すためにシステム開発会社のM&Aを行い、自社の技術力を向上させたいというニーズがありました。

セルサイド企業とバイサイド企業との引き合わせを重ねる中で、従業員の労働環境、傘下に入った後の業務提携のあり方、株式の譲渡割合、段階的な提携案などのスキーム提案を弊社にて実施しました。


Difficulty of dealing

バイサイド企業の出資金額や株式の持分比率、事業シナジーが見込めなかった場合の提携の解消条項など、両者の意向をヒアリングしつつ、契約内容を緻密に擦り合わせていく必要がございました。

How to get over difficulty

弊社にて、セルサイド企業が新たな株式を発行することにより両社の意向を汲んだ株式の持分比率になるスキームを提案し、双方のご納得を頂き、資本業務提携に至りました。

Closing

デューデリジェンス、契約書の手続きを行い、セルサイド企業からご相談を頂いてから約一年で、資本業務提携という形でクロージングしました。

Relation Glossary