Ⅰ M&Aアドバイザーとは

  M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連する一連のアドバイスと契約成立までの取りまとめ役を担うM&Aの専門家を意味し、「M&Aコンサルタント」や「ファイナンシャルアドバイザー(FA)」等とも呼ばれます。M&Aアドバイザー業務を行う上で、許認可は特に必要とされておりません。通常、企業がM&Aを実行する場合、M&Aアドバイザーは契約成立までの一連のサポートをしますが、アドバイザーの関わり方には、主に「アドバイザリー形式」と「仲介形式」という二つの着任形式があります。


ⅰアドバイザリー形式

アドバイザリー形式の場合には、セルサイド企業とバイサイド企業それぞれにM&Aアドバイザーが着任する形となり、セルサイドとバイサイドそれぞれの立場で助言を行います。




ⅱ仲介形式

仲介形式の場合には、セルサイドとバイサイドの間に、M&Aアドバイザーが着任する形となり、セルサイド、バイサイドの間に立って、中立的な立場で助言を行います。媒介とも呼ばれることもあります。




ⅡM&Aアドバイザーを利用するメリット

  M&Aアドバイザーに依頼するメリットは、下記の点が挙げられます。


 


  ⅰM&Aアドバイザーが持つネットワークを利用して、幅広く相手先を検討することができる。


  ⅱ資料や契約書の作成等を任せることができる。


  ⅲ当事者同士では交渉し辛い、金額面等の条件交渉を任せることができる。


 ⅳ上記の作業をアドバイザーに任せることで、M&Aの検討中・交渉中も、経営者が本業である経営に集中する事ができる。