Ⅰ 株式価値とは

企業の資金調達は、金融機関等の債権者からの借入金と株主からの出資によって構成されています。企業価値は、このような借入れや出資によって調達してきた資金を基にして形成されたものです。株式価値は、このような企業価値のうち株主による出資によって形成されている部分を指すものと言えます。

したがって、株式価値は、企業価値から借入金などの負債価値を差し引いて算出されます。

よく株式市場で一般的に公開されている株価と混同される方がいますが、株式価値と市場の株価は同一ではありません。株式価値の前提となる企業価値は、市場の株価の総和だけでなく、対象となる会社の事業の業績や将来性等様々な切り口から、対象となる企業を分析することで初めて算出されるため、株式価値が市場の株価と異なってくる場合もあるからです。

なお、株式価値は、英語ではEquity Valueと表現されるため、略語として「EQV」と表記されることもあります。

Ⅱ M&Aの場面では

M&Aのプロセスにおいて、株式価値は、買収・売却金額を決めるための重要な数値となるため、極めて重要です。

もっとも、非公開会社の場合は、そもそも株価の市場価値は明らかでありませんし、株式価値の算定のベースとなる企業価値は、市場の株価だけでなく、対象となる会社の事業の業績や将来性等様々な切り口から分析を行うため、複雑なものとなりがちです。したがって、株式価値の算定には専門的な知識を要するため、専門家にご相談いただくのが良いでしょう。